手で治療する理由

こんにちは!呉市の鍼灸・整体治療院【悠心堂】です!
当院での治療は基本的にすべて手を使った治療です。

これだけ科学が発達して、色んな治療機械もあるのに、
なぜ手なのか? といったことを知って頂きたいと思います!

手は最大のセンサー

治療の過程において『診断』はとても大事です。
ツボや経穴などの治療のポイントを探すためにも診断しなければいけませんし、
治療効果が出ているのかどうかも判断しなければいけません。

そのために何を基準にするか?

病院では血液検査やレントゲンなどがありますね。
東洋医学においては、手で触れ、見て感じ取れる情報が重要になってきます。
具体的にいうと、『脈診』『舌診』『腹診』といった方法を使います。
・脈をみると、速さや強さ、硬さなどで内臓の悪いところがわかります。
・舌は色や形で内臓の状態を教えてくれます。
・お腹の張りや温度から内臓の情報を得られることもできます。

それと当院では『オーリングテスト』という筋力検査を取り入れています。

これらを組み合わせることで、内臓からの情報を感じ取ることができるのです。

ツボ(経穴)の反応は手で感じ取るしかない!

東洋医学では『気』という言葉で表されますが、
その『気』を動かす場所がいわゆるツボ、経穴です。

経穴は押すと痛いところであったり、張っていたり凹んでいたり、
冷たかったり暖かかったり、様々な反応が表れます。

人体に数限りなく存在するツボ。
そのツボをどう使うのか?それは知識や理論、経験が関わってきますが、
最も大事になることが『感覚』です。

いかに感覚を研ぎ澄ませて、人体から発しているメッセージを感じ取るかが治療のキモになります。

最終的に判断するのは、機械でなく人

これだけ科学が発達しているのになぜ手なのか?
という問いに対する答えですが、

それは「人の感覚に勝るものはない」と思うからです。

レントゲンやCT、MRIで細かいところまで見えないものが見えるようになっても、
結局はそこに見えているものしか見えていないとも言えます。
見るメガネはたくさんあった方がいいと思うので、現代の医学と伝統医学を併用することも良いのではないでしょうか。

東洋医学は見えないものを見る技術

『脈診』『舌診』『腹診』など、身体の一部分から、身体全体を把握する技術を進化させてきました。
見えない部分を診るという意味では、これほど優れた技術はないと思います。

今まで見えなかったところをみることで、
本当に治さなければいけない場所が見つかるかもしれません。

それが根本治療だと思います。

今だからこそ、こうした手をセンサーとした技術を活用し、
健康なカラダを作っていきましょう!

☆☆☆

広島県呉市川尻町の鍼灸院・整体院【悠心堂】でした。
東洋医学 体質改善 オーリングテストなど、お困りの方ご相談ください。