〈これが刺さない鍼だ!?〉

小児はり

うちで使ってる接触鍼をご紹介します!
『小児はり』『提鍼(ていしん)』とも呼ばれています。

主に子どもの治療で使います。

ひとつめ-銅鍼-

イチョウ型のものは銅で出来ていて、扇の部分で皮膚をこすることで自律神経を刺激し調整します。

腕、足、お腹、背中と皮膚をこすると、気持ちよくて施術中に寝ちゃう子どももいます♪

夜泣きや、キーキー泣いてしまう『疳の虫』に使います。

子どもは泣くものと言いますが、ヒステリーの様なもので
「自分でもどうして泣いてるのかわからない!」

そんな状態が疳の虫です。

ふたつめ-金鍼-

細長いものは24金で出来ています。気を込めたいときにはこちらを使います。

大人の場合では、肩コリや首コリのこっている中心に当てていると

スーッとコリがほぐれてきます。

金の力というのか、純金には不思議な力があるように感じます。

あと写真にはありませんが銀の鍼もあります。邪気が強い時には普通の鍼とともに1本だけ加えます。子どもの場合は、銀鍼も触れる程度の刺激です。

金属の違いで反応が変わる、カラダって面白いなと思います(^^)

☆☆☆

広島県呉市川尻町の鍼灸院 整体院 悠心堂でした。
東洋医学 予防医学 体質改善 オーリングテストのことならご相談ください。