小児はりボランティアへいってきましたinチャイルドフェスタ

呉市広の新広駅近くで小児はりのボランティア

呉市鍼灸師会のメンバーとして参加

イベントの参加報告です。
2015年9月6日、新広駅よこの「広まちづくりセンター」にて小児はりのボランティアにいってきました。

チャイルドフェスタという、子どもが色々遊んだりできるイベントです。
そこへ、呉市鍼灸師会として参加しました。

呉市在住の鍼灸師を中心に、6人の治療家が集まりました!

ささない鍼治療『小児はり』

小児はりの道具とやり方

小児はり

↑こんな道具を使います。先端が丸いので刺さりません。

小児はりは、むしきり疳の虫(かんのむし)ともよばれる治療法です。

こどもはまだツボが定まっていないので、皮膚表面を広くさする手技で身体全体を刺激します。

小児はりの効果

一番多いのは、夜泣き、そして疳の虫です。
子どもは本来泣くものですが、キーキーギャーギャーと甲高い声で泣くときは、疳の虫かもしれません。

その他には、食欲不振や便秘、夜尿症にも効果があります。

身体が強くなるので、風邪をひきやすい子虚弱な子にもオススメです。
やっておくと丈夫に育つので健康管理としても良いですよ。

ぜんそくアトピーの子は、食事や生活指導と合わせてやるとさらに効果的です。

小児はりの適応年齢

生後30日くらいから、小学校低学年くらいまでが適応です。
小学校高学年から中学生くらいになってくると、通常の鍼灸治療も併用していけます。

しかし大きくなったら効かないというわけではなく、大人でも刺さない鍼で治療することができます。

写真の細長い鍼は純金でできています。
肩こりの時には、そのこりの中心にそって当ててあげるだけでほぐれてきます。

たくさんの子どもが小児はりを体験

今回のイベントでは乳幼児から小学生まで、たくさんの子どもが体験していかれました。
小児はりを受けていると気持ちよくて寝てしまう子もいれば、元気になって走って帰っていく子など色んな反応がありました。

小児はりは全く痛くないですし、お子さんが安心して受けられる治療法です。

子どもさんのことで何か困ったことがあれば、一度鍼灸院に相談していただければ、きっと力になれることがあると思います。

参加メンバーの紹介

最後に、写真に写っている治療家を紹介します。

夫婦鍼灸院野間秀樹先生

向かって右側の男性の先生です。

今年7月に新広駅の近くで開院されました!
刺さない鍼を使った治療をされています。

一度治療院へ遊びにいきましたが、古民家を改装されていてとても雰囲気が良かったです。

奥さんがリンパマッサージをしています。

ホームページはコチラです。

田辺美晴先生

向かって左の女性の先生です。
明治国際医療大学鍼灸学部の同期です。

広島市西区の新井口駅近くの先生です。

長年の京都の修行から帰ってこられました。
広島の鍼灸シーンがさらに盛り上がると思います。

そして真ん中が僕です・・(笑)
いつも緑の白衣(緑衣?)でやってます^^

鍼灸院はたくさんありますが、ひとりひとり治療も考え方も違います。
合う先生がみつかれば、きっとあなたのプラスになります!

今回みたいな体験イベントも時折あるので今後は告知していけたらと思います。

☆☆☆

広島県呉市川尻町の鍼灸院・整体院【悠心堂】でした。
東洋医学・体質改善・オーリングテストなど、お困りの方ご相談ください。

〒737-2601
広島県呉市川尻町原山1-6-19
Tel:080-6240-8917
9:00~19:00 完全予約制